B/ラデク・バボラーク
Radek Baborak

バボラークは1976年生まれの現在最も注目されているチェコのホルン奏者です。
8歳でホルンを習い始め、12歳の時にはコンチェルティーノ・プラハで優勝。92年
のプラハの春国際コンクールで3位入賞。プラハ音楽院でベトジヒ・ティルシャルに
師事、在学中の93年のジュネーヴ・コンクールでは1位なしの2位、そして94年の
ミュンヘン国際コンクールでは18歳の若さで見事優勝しています。
来日の時も評判となっていました。1996年までチェコ・フィルに在籍していましたが、
その後ドイツに渡り、ミュンヘン、バンベルク、ベルリンで活躍、2003年のシーズン
からベルリン・フィルの首席に就任していましたが、2010年に退団。退団後はソロ
活動とバボラークが結成したチェコ・シンフォニエッタの指揮をしています。

チェコ・フィル/ホルン・アンサンブル(1995)
チェコ・フィル/ホルンの名技
ホルンとクラリネットの協奏作品集
アフラートゥス・クインテット/ライヒャ、フェルステル&ドヴォルザーク
ブラーゼン/ドイツ木管五重奏曲集
シュティヒ、ハイドン、ロゼッティ/ホルン協奏曲
ラヴェル・レボリューション21
ロゼッティ/ホルン協奏曲集
バボラークwithフレンズ
モーツァルト/ディヴェルティメント、五重奏曲集
バッハ/無伴奏組曲第1番〜第3番
ザ・ニュー・ディメンション
バッハ/ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1番〜第3番、他
クワトロ・スタジオーニ
モーツァルト/協奏交響曲変ホ長調K297B
ブリテン/セレナード&夜想曲
バッハ/目覚めよ、と呼ぶ声あり/ソナタ&コラール集
インヴェンション/無伴奏ホルン作品集
ベルリン・フィル8人のホルン奏者たち/Opera!
ブラームス/ホルン三重奏曲/アダージョとアレグロ
Duo de Reve/ホルンとハープのための音楽
バッハ/無伴奏組曲第4番&第5番、他
ライヒャ/ホルン五重奏曲/モーツァルト/音楽の冗談
ブルックナー・イン・カテドラル
マルティヌー、ニールセン、ケックラン/セレナーデ
ポコルニー、ロゼッティ、プント/ホルン協奏曲集
R・シュトラウス&F・シュトラウス/ホルン作品集
オーケストラ・スタディ&ホルン・エチュード 集
チェコ・フィルハーモニー・ホルンズ
フレンチ・リサイタル/ヴィラネル、森にて、他
ハイドン&モーツァルト/交響曲&協奏曲
ベートーヴェン/ホルン・ソナタ、チェロ・ソナタ第4番、他
チェコ・ホルン・コーラス/4つの時代
ゼレンカ、テレマン/ホルン作品集
ハイドン&モーツァルト/ホルン協奏曲&交響曲(第2集)
ニールセン/管楽五重奏曲
ブルックナー・シンフォニー・イン・カテドラル
ミロシュ・ボク/クレド嬰ヘ短調&聖霊賛歌 
ベートーヴェン/七重奏曲&六重奏曲変ホ長調
モーツァルト/ピアノと木管の五重奏曲/ティル・オイレンシュピーゲル
シューマン/アダージョとアレグロ(2001)
オルクエストリーナ〜バボラーク・ダンスアルバム
モーツァルト/ホルン協奏曲全集(2005&09)
ブリテン/セレナード&夜想曲
ヒンデミット&ケクラン/ホルン作品集
モーツァルト/セレナード第10番「グラン・パルティータ」
モーツァルト/ホルン協奏曲全集(2016)
ドビュッシー/バラード(ホルンとハープのための編曲版)
キール/ホルン協奏曲ヘ短調
バッハ/ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調
モーツァルト/ロンド、フラグメント、12のホルン二重奏曲、協奏交響曲
オール・ピアソラ・プログラム


トップへ
戻る